• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早くも続投報道 阪神・和田監督がフロントに評価される理由

 球団創設80年の阪神で、過去に最も長期にわたって監督を務めたのは中村勝広現GMだ。

 90~95年の実質6年間、成績は6、6、2、4、4、6位とまったくふるわなかった。当時の久万オーナーは「采配はスカタンやな」と、その手腕をコキおろしながら、しかし、「調整能力がある」と言った。

 阪神には当時、OBやフロントや現場にひと癖もふた癖もある人たちがいた。いつまでも「ダメ虎」のままじゃアカンやろと、ときに少数派が声を上げた。あるときは球団幹部を通じて、あるときは久万オーナーに直接だ。

 親会社の阪神電鉄はそもそも安全第一、冒険を嫌う企業といわれる。オーナーをはじめとする電鉄上層部や球団幹部にとって、現状にあれこれクチを挟む人たちは煙たいことこの上ない。

 中村監督はそういった周辺の雑音に目くじらを立てず、うまくさばきながら指揮を執った。親会社やフロントの意向に決して逆らわず内部に波風を立てない指揮官だった点が評価された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る