早くも続投報道 阪神・和田監督がフロントに評価される理由

公開日: 更新日:

 球団創設80年の阪神で、過去に最も長期にわたって監督を務めたのは中村勝広現GMだ。

 90~95年の実質6年間、成績は6、6、2、4、4、6位とまったくふるわなかった。当時の久万オーナーは「采配はスカタンやな」と、その手腕をコキおろしながら、しかし、「調整能力がある」と言った。

 阪神には当時、OBやフロントや現場にひと癖もふた癖もある人たちがいた。いつまでも「ダメ虎」のままじゃアカンやろと、ときに少数派が声を上げた。あるときは球団幹部を通じて、あるときは久万オーナーに直接だ。

 親会社の阪神電鉄はそもそも安全第一、冒険を嫌う企業といわれる。オーナーをはじめとする電鉄上層部や球団幹部にとって、現状にあれこれクチを挟む人たちは煙たいことこの上ない。

 中村監督はそういった周辺の雑音に目くじらを立てず、うまくさばきながら指揮を執った。親会社やフロントの意向に決して逆らわず内部に波風を立てない指揮官だった点が評価された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る