早くも続投報道 阪神・和田監督がフロントに評価される理由

公開日:  更新日:

 球団創設80年の阪神で、過去に最も長期にわたって監督を務めたのは中村勝広現GMだ。

 90~95年の実質6年間、成績は6、6、2、4、4、6位とまったくふるわなかった。当時の久万オーナーは「采配はスカタンやな」と、その手腕をコキおろしながら、しかし、「調整能力がある」と言った。

 阪神には当時、OBやフロントや現場にひと癖もふた癖もある人たちがいた。いつまでも「ダメ虎」のままじゃアカンやろと、ときに少数派が声を上げた。あるときは球団幹部を通じて、あるときは久万オーナーに直接だ。

 親会社の阪神電鉄はそもそも安全第一、冒険を嫌う企業といわれる。オーナーをはじめとする電鉄上層部や球団幹部にとって、現状にあれこれクチを挟む人たちは煙たいことこの上ない。

 中村監督はそういった周辺の雑音に目くじらを立てず、うまくさばきながら指揮を執った。親会社やフロントの意向に決して逆らわず内部に波風を立てない指揮官だった点が評価された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る