初国際大会は最下位 “虚弱”ハリル日本はアウェー戦不足露呈

公開日: 更新日:

 日本代表ハリルホジッチ監督にとって、初の国際大会となった東アジア杯。地元・中国との最終戦が1-1のドロー決着に終わり、通算2分け1敗で大会初の最下位の屈辱を味わった。

 キックオフ前から“勝てない日本”は想定内だった。試合前に行われた韓国-北朝鮮戦が引き分けに終わったことで中国が「日本に勝てば大会初優勝」。中国選手の目の色が変わった。もちろんスタンドからの声援は中国一辺倒。完全アウェーで試合は進み、前半1-1の同点から後半に入ってFW興梠、MF柴崎、浅野を投入して攻撃面のテコ入れを図ったが、まさかの大会未勝利だ。

「中国サポーターの熱気に当てられたのか、審判団のジャッジも完全に中国寄り。悪質なラフプレーも見逃された。しかしながら、日本代表の強化のためには、この日の中国戦のような完全アウェーの国際試合を、もっと増やす必要性があると改めて感じました。これは日本代表以外の五輪代表や19歳以下、17歳以下の年代別代表にも同じことがいえます。Jリーグとの日程的な問題もありますが、厳しいアウェーの環境の中での《戦い》を通して強化しないと、今回のように東アジアでさえ未勝利という状況を招いてしまう」(現地で取材したサッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る