• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人散々 ヤクルトに競り負け、由伸に醜聞発覚のWショック

 巨人が2日、金沢でのヤクルト戦前の練習を石川・金沢の星稜高校グラウンドで行った。午前中から雨天だったため、急きょ決定した。同校OBの高木京(25)が在籍していることもあって、星稜側も快諾してくれたようだ。懐かしがった高木京は恩師に挨拶。同校野球部の山下智茂名誉監督(70)は、巨人OBでヤンキースなどで活躍した松井秀喜(41)の恩師でもある。

 だがそんな計らいも実らず、巨人はこの日、ゲーム差なしの2位ヤクルトに競り負けて一歩後退。さらには星陵出身の松井と並び、次期監督最有力候補に挙げられる高橋由伸(40)兼任打撃コーチにスキャンダルまで発覚した。9月3日発売の週刊文春に「乱倫なベッド写真」なる記事が報じられているのだ。球界関係者が言う。

「あれだけガードが堅くて用心深かった高橋由の女性問題は意外。でもこう言っちゃなんだけど、原監督だって11年に同じ週刊誌に『巨人・原監督が元暴力団員に1億円払っていた!』と題した不倫もみ消し騒動を報じられたけど、球団は表立った処分はせず、今でも監督のまま。巨人は太っ腹な球団。今回の報道が高橋由の将来に影響することはないと思う。とはいえ、球団と本人にとってはイメージダウンであることは間違いない」

 ヤクルトには負けるわ、球団の顔ともいえる高橋由の醜聞は表沙汰になるわ、巨人はには踏んだり蹴ったりの金沢遠征である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る