巨人散々 ヤクルトに競り負け、由伸に醜聞発覚のWショック

公開日:  更新日:

 巨人が2日、金沢でのヤクルト戦前の練習を石川・金沢の星稜高校グラウンドで行った。午前中から雨天だったため、急きょ決定した。同校OBの高木京(25)が在籍していることもあって、星稜側も快諾してくれたようだ。懐かしがった高木京は恩師に挨拶。同校野球部の山下智茂名誉監督(70)は、巨人OBでヤンキースなどで活躍した松井秀喜(41)の恩師でもある。

 だがそんな計らいも実らず、巨人はこの日、ゲーム差なしの2位ヤクルトに競り負けて一歩後退。さらには星陵出身の松井と並び、次期監督最有力候補に挙げられる高橋由伸(40)兼任打撃コーチにスキャンダルまで発覚した。9月3日発売の週刊文春に「乱倫なベッド写真」なる記事が報じられているのだ。球界関係者が言う。

「あれだけガードが堅くて用心深かった高橋由の女性問題は意外。でもこう言っちゃなんだけど、原監督だって11年に同じ週刊誌に『巨人・原監督が元暴力団員に1億円払っていた!』と題した不倫もみ消し騒動を報じられたけど、球団は表立った処分はせず、今でも監督のまま。巨人は太っ腹な球団。今回の報道が高橋由の将来に影響することはないと思う。とはいえ、球団と本人にとってはイメージダウンであることは間違いない」

 ヤクルトには負けるわ、球団の顔ともいえる高橋由の醜聞は表沙汰になるわ、巨人はには踏んだり蹴ったりの金沢遠征である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る