「トリプル3」確実のヤクルト山田 3割キープまであと何本?

公開日:  更新日:

 13年ぶりの大記録も時間の問題だ。

 6日、ヤクルトの山田哲人(23)が広島戦で今季30個目の盗塁を成功させた。もっか打率.333、30盗塁、33本塁打。楽天の松井稼が西武時代の02年に記録して以来、史上9人目のトリプルスリーをほぼ手中に収めたと言ってもいい。

「自分のタイミングでいけました。30盗塁は目標にしていたのでうれしいです」

 と笑顔を見せた山田は、昨季15盗塁止まり。トリプルスリー達成の最大の障害をクリアしただけに、ようやく一安心だろう。

 すでにシーズン規定打席にも到達しており、減る可能性のある数字といえば打率だけ。仮に山田が残り19試合すべて「4打数0安打」だった場合の最終的な打率は・287だが、それは現実的とは言えまい。

 では、山田はあと何本打てば最終的に3割をキープできるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る