虎は眼中になし? 直接3連戦に巨人が余裕これだけのデータ

公開日:  更新日:

 2ゲーム差で逃げる首位の阪神を追う3位の巨人。8日からの直接対決3連戦を「大一番」とあおるスポーツ紙とは対照的に、「原監督には追い詰められた雰囲気はなく、どこか余裕があるんだ」と、巨人OBがこう続けるのである。

「先日も話を聞いたら、2位のヤクルトに関しては、あの打線がどうの、リリーフ陣がどうのと真剣な表情で冗舌に語るのに、阪神の話を振ると相づちを打つだけ。そんなことより、と向こうから話題を変えたりね。興味がないというか、相手にしていないというか。ずっとそんな印象がある」

 巨人はヤクルト戦に10勝10敗。特に敵地神宮では3勝7敗と負け越し、エースの菅野が今季も0勝3敗(防御率6.89)と一度も白星を手にしていないなど苦手意識がある。対して阪神には13勝7敗。直近の対戦では3タテを食らわしており、くみしやすいとの印象があるのは確かだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る