劇的代打弾から一夜…巨人岡本の“スタメン漏れ”に疑問の声

公開日: 更新日:

「使えばいいのに」

 チーム関係者からは、そんな声も出た。

 雨天中止となった6日のDeNA戦。発表されていた巨人のスターティングメンバーに、「岡本和真」の名前がなかったからである。

 19歳のこの新人は、前日5日の試合でプロ1号となる代打本塁打を放った。巨人の高卒ルーキーがプロ初安打を本塁打で記録するのは66年の林千代作以来、49年ぶりのこと。試合は巨人が敗れたというのに、6日のスポーツ紙(関東版)は、2紙が岡本の一発を1面でデカデカと報じた。

「そりゃ、そうですよ。チームにとっても、マスコミにとっても、待望久しい生え抜きのスター候補。それだけ期待が高いんです。5日の試合後、原監督は『非常にいいバッティング。若い選手であろうが、ベテランであろうが、今こそ力を出す時期だから』と言っていた。三塁のポジションがかぶる村田は、相変わらずチャンスでサッパリ。残り20試合を切って(18試合)、指揮官自ら“実績も経験も関係ない”と言うんですから、村田に遠慮することはないじゃないですか。岡本をスタメンに抜擢すれば、鬱々とするチームの雰囲気も変わる可能性があると思うんですけどね」と、日本テレビの関係者もガッカリだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る