劇的代打弾から一夜…巨人岡本の“スタメン漏れ”に疑問の声

公開日:  更新日:

「使えばいいのに」

 チーム関係者からは、そんな声も出た。

 雨天中止となった6日のDeNA戦。発表されていた巨人のスターティングメンバーに、「岡本和真」の名前がなかったからである。

 19歳のこの新人は、前日5日の試合でプロ1号となる代打本塁打を放った。巨人の高卒ルーキーがプロ初安打を本塁打で記録するのは66年の林千代作以来、49年ぶりのこと。試合は巨人が敗れたというのに、6日のスポーツ紙(関東版)は、2紙が岡本の一発を1面でデカデカと報じた。

「そりゃ、そうですよ。チームにとっても、マスコミにとっても、待望久しい生え抜きのスター候補。それだけ期待が高いんです。5日の試合後、原監督は『非常にいいバッティング。若い選手であろうが、ベテランであろうが、今こそ力を出す時期だから』と言っていた。三塁のポジションがかぶる村田は、相変わらずチャンスでサッパリ。残り20試合を切って(18試合)、指揮官自ら“実績も経験も関係ない”と言うんですから、村田に遠慮することはないじゃないですか。岡本をスタメンに抜擢すれば、鬱々とするチームの雰囲気も変わる可能性があると思うんですけどね」と、日本テレビの関係者もガッカリだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る