ようやく始動も 調整遅れるバレにヤクルトなぜか楽観のワケ

公開日:  更新日:

「チームが必要な時に戻り、力になりたい」

 7日に再来日したヤクルトのバレンティンが昨8日、二軍の戸田でフリー打撃を再開し、こう意気込んだ。

 その後、神宮を訪れて真中監督と会談。指揮官は「代打で外国人枠を使うのは厳しい。合流は早くても18日以降」と、早期復帰を見送った。優勝争いの最大のヤマ場となる残り10試合くらいから出場し、ポストシーズンにはフル回転してもらいたいところだ。

 当初は8月中旬に来日するとしながら、先延ばしになった。故障が原因とはいえ、年俸はチーム最高の3億円。14年から変則の3年契約を結んでおり、来季はさらに年俸がアップすることになる。チームに迷惑をかけ続けたのだから、やってもらわなければ困るが、ヤクルトOBからは、こんな楽観的な声も聞かれる。

「バレンティンは60本塁打を放った13年、チームが最下位に終わったことで、『タイトルも記録もいらない。優勝争いがしたい』とよく口にしていた。チームは01年以来の優勝のチャンス。一軍に戻れば闘争心がみなぎってくると思う」

 バレが6番あたりに入れば、ただでさえ強力な打線はさらに破壊力が増す。阪神、巨人にとっては脅威となるわけだが、それもこれもバレのやる気次第。果たして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る