ようやく始動も 調整遅れるバレにヤクルトなぜか楽観のワケ

公開日: 更新日:

「チームが必要な時に戻り、力になりたい」

 7日に再来日したヤクルトのバレンティンが昨8日、二軍の戸田でフリー打撃を再開し、こう意気込んだ。

 その後、神宮を訪れて真中監督と会談。指揮官は「代打で外国人枠を使うのは厳しい。合流は早くても18日以降」と、早期復帰を見送った。優勝争いの最大のヤマ場となる残り10試合くらいから出場し、ポストシーズンにはフル回転してもらいたいところだ。

 当初は8月中旬に来日するとしながら、先延ばしになった。故障が原因とはいえ、年俸はチーム最高の3億円。14年から変則の3年契約を結んでおり、来季はさらに年俸がアップすることになる。チームに迷惑をかけ続けたのだから、やってもらわなければ困るが、ヤクルトOBからは、こんな楽観的な声も聞かれる。

「バレンティンは60本塁打を放った13年、チームが最下位に終わったことで、『タイトルも記録もいらない。優勝争いがしたい』とよく口にしていた。チームは01年以来の優勝のチャンス。一軍に戻れば闘争心がみなぎってくると思う」

 バレが6番あたりに入れば、ただでさえ強力な打線はさらに破壊力が増す。阪神、巨人にとっては脅威となるわけだが、それもこれもバレのやる気次第。果たして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る