常駐スタッフも派遣 大物代理人ボラスが「日本選手」に熱視線

公開日:  更新日:

「NPB(日本のプロ野球)には何人かMLBに通用する選手がいる」

 10日、米の大物代理人、スコット・ボラス氏(62)がヤクルト対DeNA戦が行われた神宮球場を訪れ、こう言った。

「日本人は投げる、打つといったファンダメンタル(基礎)が優れている。スターター、クローザー、リードオフマン、コンタクトヒッターは非常に評価が高い。日本ハムの大谷? ヤクルトの山田? 日本には(自分の)スタッフがいる。全選手のデータベースがあり、各選手のことは毎日入ってきている」

 9日の日本ハム対ソフトバンク戦に続く視察行脚。特定の名前こそ伏せたが、古田敦也氏が出演するテレビ番組の収録を行うなど、日本人選手に対して大いに関心を持っている様子だった。

 この日は、11月に行われる「プレミア12」に向けた侍ジャパンの1次メンバー45人が発表された。第2打席で本塁打を放ち、トリプルスリーを確実にしているヤクルトの山田はもちろんメンバー入り。メジャーも注目する若きスターの打撃に、ボラス氏もさぞ、テンションが上がったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る