またも完封負けで首位陥落 “無策”の和田監督に虎ファン苦言

公開日: 更新日:

「いやあ、本当に毎日やきもきしますね」

 こうボヤくのは、阪神ファンのひろさちや氏(宗教評論家)だ。

 阪神は前日、本塁打が三塁打と判定される“幸運”もあって引き分けたものの、13日は広島のエース前田を打てず。引き分けを挟んで3連敗。直近6試合で3度の完封負けである。

 和田監督は巨人との3連戦を控えた7日の全体練習で「ここからが勝負。ムチを入れていこう」とゲキを飛ばしたが、選手たちは奮い立つことなく、そこから1勝3敗1分け。この日の黒星で首位から陥落。4位広島に2・5ゲーム差まで詰め寄られた。

 その広島は22試合連続1桁安打で球団ワースト記録を更新。それでも11勝9敗2分けで勝ち越しているのに、阪神は同じここ22試合を9勝12敗1分けと負け越し。打てないときは守って勝つしかないが、例えば同日の阪神は1点を追う六回に記録に残らないミスが出た。2死一、三塁で一塁走者のエルドレッドが二盗を試みると、捕手の鶴岡は低く送球。投手の高宮がカットするはずが反応できず、その間に三塁走者の菊池が生還。2点目を失った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る