またも完封負けで首位陥落 “無策”の和田監督に虎ファン苦言

公開日: 更新日:

「いやあ、本当に毎日やきもきしますね」

 こうボヤくのは、阪神ファンのひろさちや氏(宗教評論家)だ。

 阪神は前日、本塁打が三塁打と判定される“幸運”もあって引き分けたものの、13日は広島のエース前田を打てず。引き分けを挟んで3連敗。直近6試合で3度の完封負けである。

 和田監督は巨人との3連戦を控えた7日の全体練習で「ここからが勝負。ムチを入れていこう」とゲキを飛ばしたが、選手たちは奮い立つことなく、そこから1勝3敗1分け。この日の黒星で首位から陥落。4位広島に2・5ゲーム差まで詰め寄られた。

 その広島は22試合連続1桁安打で球団ワースト記録を更新。それでも11勝9敗2分けで勝ち越しているのに、阪神は同じここ22試合を9勝12敗1分けと負け越し。打てないときは守って勝つしかないが、例えば同日の阪神は1点を追う六回に記録に残らないミスが出た。2死一、三塁で一塁走者のエルドレッドが二盗を試みると、捕手の鶴岡は低く送球。投手の高宮がカットするはずが反応できず、その間に三塁走者の菊池が生還。2点目を失った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る