好投にはほど遠く…12勝目の阪神・藤浪“投手5冠”の現実味

公開日: 更新日:

 ベンチも苛立ちを隠せない「自作自演」だった。

 3日の広島戦に先発した阪神の藤浪は7回2安打、12奪三振。打線の援護もあり、ハーラー単独トップとなる12勝目を手にした。さらにシーズン9度目の2ケタ奪三振は11年のダルビッシュ(現レンジャーズ)以来。阪神に限れば、71年の江夏以来44年ぶりの快挙だ。

 とはいえ、この日の投球はとても「好投」と言えるようなものではなかった。なにしろ7回を投げ、出した四球は9個。四回は打者6人を相手に四球と三振のみという独り相撲だ。

 もっか藤浪は12勝、184奪三振で投手2冠。その一方、67四球、11死球、9暴投の「ワースト3冠」でもある。MAX158キロのボールは、投げてみるまでどこに行くかわからない。バッターも狙い球が絞れずに空振りするのも無理はない。

 藤浪は降板後、「無駄な四球が多すぎた」と反省の弁を述べたものの、13年の入団当時から制球力は問題視されていた。それが3年経っても改善するどころか、ひどくなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  8. 8

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る