好投にはほど遠く…12勝目の阪神・藤浪“投手5冠”の現実味

公開日:  更新日:

 ベンチも苛立ちを隠せない「自作自演」だった。

 3日の広島戦に先発した阪神の藤浪は7回2安打、12奪三振。打線の援護もあり、ハーラー単独トップとなる12勝目を手にした。さらにシーズン9度目の2ケタ奪三振は11年のダルビッシュ(現レンジャーズ)以来。阪神に限れば、71年の江夏以来44年ぶりの快挙だ。

 とはいえ、この日の投球はとても「好投」と言えるようなものではなかった。なにしろ7回を投げ、出した四球は9個。四回は打者6人を相手に四球と三振のみという独り相撲だ。

 もっか藤浪は12勝、184奪三振で投手2冠。その一方、67四球、11死球、9暴投の「ワースト3冠」でもある。MAX158キロのボールは、投げてみるまでどこに行くかわからない。バッターも狙い球が絞れずに空振りするのも無理はない。

 藤浪は降板後、「無駄な四球が多すぎた」と反省の弁を述べたものの、13年の入団当時から制球力は問題視されていた。それが3年経っても改善するどころか、ひどくなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る