• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元首位打者・長谷川の先制打で鷹M1 分厚い選手層まざまざ

 17日にもリーグ連覇が決まるソフトバンク。この終盤に二軍から上がってくる選手といえば、来季を見据えての若手か、あるいは引退間際のベテランと相場が決まっている。だが、ソフトバンクが普通と違うのは、13年首位打者の長谷川勇也(30)が満を持して現れたことだ。

 一軍昇格した15日に2安打1打点と活躍すると、16日は「7番DH」で出場して先制タイムリーを放ち、チームの勝利に貢献した。

 長谷川は昨オフに右足首を手術。開幕には間に合ったものの打撃の調子は上がらず、手術の影響もあってか4月に“三軍”落ちしていた。6月に二軍に合流。ようやく一軍に復帰したわけだが、これに辟易しているのが他球団だろう。

 今季のソフトバンクは選手層の厚さをイヤというほど見せつけた。

 16日に先発したバンデンハークは外国人枠の問題もあり、初登板は6月。その後は13試合で9勝無敗と、あれよあれよという間に白星を量産した。さらに9月に入ってからは帆足、東浜といった二軍で好投しながらチャンスが与えられなかった投手を起用。パの某球団のコーチなどは「こっちは先発ローテを6人揃えるだけでもヒーヒー言ってるのに……」と、すっかりお手上げだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る