元首位打者・長谷川の先制打で鷹M1 分厚い選手層まざまざ

公開日:  更新日:

 17日にもリーグ連覇が決まるソフトバンク。この終盤に二軍から上がってくる選手といえば、来季を見据えての若手か、あるいは引退間際のベテランと相場が決まっている。だが、ソフトバンクが普通と違うのは、13年首位打者の長谷川勇也(30)が満を持して現れたことだ。

 一軍昇格した15日に2安打1打点と活躍すると、16日は「7番DH」で出場して先制タイムリーを放ち、チームの勝利に貢献した。

 長谷川は昨オフに右足首を手術。開幕には間に合ったものの打撃の調子は上がらず、手術の影響もあってか4月に“三軍”落ちしていた。6月に二軍に合流。ようやく一軍に復帰したわけだが、これに辟易しているのが他球団だろう。

 今季のソフトバンクは選手層の厚さをイヤというほど見せつけた。

 16日に先発したバンデンハークは外国人枠の問題もあり、初登板は6月。その後は13試合で9勝無敗と、あれよあれよという間に白星を量産した。さらに9月に入ってからは帆足、東浜といった二軍で好投しながらチャンスが与えられなかった投手を起用。パの某球団のコーチなどは「こっちは先発ローテを6人揃えるだけでもヒーヒー言ってるのに……」と、すっかりお手上げだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る