4連勝で燕のM点灯また阻止も…巨人の逆転Vに「3つの不安」

公開日:  更新日:

 2位巨人が4連勝で首位ヤクルトのマジック点灯をまたも阻止した。24日、坂本の2ランと先発マイコラスの好投で広島を破って4連勝。マイコラスはセ・リーグの外国人新記録となる10連勝で今季12勝目(3敗)を飾った。ヤクルトも負けじと4連勝。2ゲーム差は変わらなかった。

 残り6試合となった巨人はヤクルトと東京ドームで3試合を戦える。26日からは直接対決2連戦。原監督は「東京ドームで試合ができる地の利というものを存分に使って暴れたい」と鼻息が荒かったが、この日もわずか4安打。逆転優勝へ、不安材料が3つある。

 ヤクルトとの対戦成績は11勝11敗と五分。川端、山田、畠山と打撃各部門のトップをズラリと並べる強力打線にのみ込まれる投手がいる。

 抑えの沢村は今季3敗中2敗を喫し、ヤクルト戦の防御率は最も悪い3.09。週末2連戦の先発は高木勇、菅野。10月4日のヤクルトとの最終戦も再び菅野の予定となっている。懸念されるのは、2度の登板機会が与えられるエースの方である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る