“お得意様”も後押し 西武・秋山「シーズン最多安打」に好条件

公開日: 更新日:

 13日のロッテ戦でプロ野球史上6人目となるシーズン通算200安打を記録した西武秋山翔吾(27)。131試合目での到達は94年のイチローに次ぐ2番目に早いペースだ。西武の残り試合は「11」。秋山は果たして、阪神・マートン(33)の持つシーズン最多安打のプロ野球記録(214本)を更新できるか。

 14日までの132試合で201安打だから、このままのペースで打てば、シーズン143試合で217安打。机上の計算とはいえ、今季2試合連続無安打が2度しかない「スランプ知らず」。記録更新はほぼ確実だ。

 残り試合の対戦相手も偉業達成を後押しする。

 11試合のうち、最も対戦の多いのはオリックスの5試合で、楽天の2試合が続く。秋山は今季、この両チームにめっぽう強く、対オリックス戦、対楽天戦ともに.366とカモにしている。パの対戦球団の中で、もっとも相性が良いのがこの2チームなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る