• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本氏招聘もパア? 阪神監督問題をひっくり返す“鶴の一声”

 阪神タイガースの親会社の阪神電鉄は06年、阪急HDの傘下に入った。その際、「向こう10年間は阪神タイガース」との覚書を交わしていて、来年には「10年問題」も切れる。いわば阪急の「孫会社」でもある阪神の次期監督問題は、阪急の意向も無視できないだろう。

 阪神はすでに後任候補の金本知憲氏(47)に監督就任を要請したといわれる。

 金本氏には指導者経験がないし、週刊誌には「“スネの傷”を清算できたか?」とも書かれた。なにより本人が監督を受けるべきかどうか逡巡しているという。阪急の「鶴の一声」でまさかのどんでん返しが起こる可能性はないのか。

「阪急は基本的に球団内部の人事には口出ししませんが、カネの使い方や経営面には相当シビアだと聞いています」と、在阪マスコミ関係者がこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る