日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本氏招聘もパア? 阪神監督問題をひっくり返す“鶴の一声”

 阪神タイガースの親会社の阪神電鉄は06年、阪急HDの傘下に入った。その際、「向こう10年間は阪神タイガース」との覚書を交わしていて、来年には「10年問題」も切れる。いわば阪急の「孫会社」でもある阪神の次期監督問題は、阪急の意向も無視できないだろう。

 阪神はすでに後任候補の金本知憲氏(47)に監督就任を要請したといわれる。

 金本氏には指導者経験がないし、週刊誌には「“スネの傷”を清算できたか?」とも書かれた。なにより本人が監督を受けるべきかどうか逡巡しているという。阪急の「鶴の一声」でまさかのどんでん返しが起こる可能性はないのか。

「阪急は基本的に球団内部の人事には口出ししませんが、カネの使い方や経営面には相当シビアだと聞いています」と、在阪マスコミ関係者がこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事