• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人撃破なら虎日本S進出も 和田監督退任後の処遇どうなる

 勝負はゲタをはくまでわからない。広島が今季最終戦に敗れ、阪神の3位が決定。3年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

 阪神は4日の広島戦に勝てば、そこでCSキップを手にできたが、0-6の完敗。ファンをすっかりシラけさせた。翌日から関西のスポーツマスコミの「視線」が変わった。他力本願のCSより、すでに退任が発表された和田監督の後任として有力視されている金本知憲の動向に注目。監督就任に関する言動をアレコレ報じてきたのだが、阪神がCSに出られることになり、事態が急変しそうだ。
 
「巨人は福田の野球賭博でCSを辞退しろという声が大きくなってきた。辞退しなくてもチームが前代未聞の事件で揺れている中、選手はどれだけ試合に集中できるか疑問です。そんな巨人を負かせば阪神は勢いづく。ヤクルトは14日まで実戦がなく、阪神に屈することも十分に考えられる。そうなれば、金本報道は邪魔になるし、金本もその件に関する言葉を控えるでしょう。阪神が日本シリーズまで駒を進めれば、相手は恐らくソフトバンク。強敵でコロッと負けるかもしれないが、昨年の巨人がCSで阪神に4連敗したように、勝負事は何が起こるかわからないからね」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る