イラン戦で見せ場なし 本田はミランに戻ってからが“正念場”

公開日:  更新日:

 敵地テヘランで行われた強化試合イラン戦(日本時間13日午後10時半キックオフ)。FIFA世界ランクは日本の55位に対してイランは39位。その格上相手に日本は押されっ放し。前半終了間際にDF吉田が不用意なプレーでPKを与えて先制された。後半早々、イランGKがクロスボールへの飛び出しをミス。味方DFに当たったボールは、無人のゴールに吸い込まれた。

 その後は両チームとも見せ場なし。結局1―1のドロー決着である。

 日本代表は来月12日のシンガポール戦、17日のカンボジア戦とW杯予選アウェー2連戦が控えている。それまで代表選手は所属クラブに戻ってプレーするワケだが、主軸のMF本田圭佑には“大仕事”が待っている。

 4日のセリエA・ナポリ戦。ミランが0―4で大敗した直後、出番のなかった本田は「補強に大金を使うか、組織を見直さないとチーム再建は遠い」「フロント、監督、選手、メディア、サポーターも(弱いことに)気付かないとチームは変わらない」と爆弾発言。地元紙は「テヘランから帰るとクラブに呼び出されて罰金など処罰が言い渡される」と報じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る