日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

はや“救世主”の声 代表初選出FW南野に「過大評価」と異論

「ゴール前の救世主」とまで持ち上げたスポーツ紙もあった。オーストリア1部ザルツブルクに所属し、8日のW杯2次予選シリア戦、13日の親善試合イラン戦の日本代表に初選出されたFW南野拓実(20)のことである。

 確かにハリルホジッチ監督の南野評を聞かされると、ついベタボメしたくなるのもムリはない。「左右の(攻撃的)ポジションをこなせ、ゴール前でフリーになり、常に点を取る、(味方に)取らせる位置にいる。近代フットボールに適応している」と高評価。続けて「日本代表はゴール前での効率性に乏しい。そこで彼が必要となる。数年後には、日本代表の効果的な選手になると予測している」と言い切った。

 実際、ザルツブルクでは、主軸選手として結果を残している。

 右足での豪快ミドルシュート、左足での高難度ボレーシュート、混戦からの絶妙シュート、相手DFの背後を抜け出してGKと1対1になり、倒れ込みながらのワザありシュート……。新天地で13戦8得点。ゴール以外に好アシストを何本も決め、非凡な攻撃的才能の持ち主であることは間違いない。しかし、いくらなんでも「救世主」は持ち上げ過ぎである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事