はや“救世主”の声 代表初選出FW南野に「過大評価」と異論

公開日:  更新日:

「ゴール前の救世主」とまで持ち上げたスポーツ紙もあった。オーストリア1部ザルツブルクに所属し、8日のW杯2次予選シリア戦、13日の親善試合イラン戦の日本代表に初選出されたFW南野拓実(20)のことである。

 確かにハリルホジッチ監督の南野評を聞かされると、ついベタボメしたくなるのもムリはない。「左右の(攻撃的)ポジションをこなせ、ゴール前でフリーになり、常に点を取る、(味方に)取らせる位置にいる。近代フットボールに適応している」と高評価。続けて「日本代表はゴール前での効率性に乏しい。そこで彼が必要となる。数年後には、日本代表の効果的な選手になると予測している」と言い切った。

 実際、ザルツブルクでは、主軸選手として結果を残している。

 右足での豪快ミドルシュート、左足での高難度ボレーシュート、混戦からの絶妙シュート、相手DFの背後を抜け出してGKと1対1になり、倒れ込みながらのワザありシュート……。新天地で13戦8得点。ゴール以外に好アシストを何本も決め、非凡な攻撃的才能の持ち主であることは間違いない。しかし、いくらなんでも「救世主」は持ち上げ過ぎである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る