監督やる気あるの? 金本氏は虎敗戦にのらりくらり“他人事”

公開日:  更新日:

 阪神の次期監督就任が濃厚な金本知憲氏(47)がCSファーストステージ第3戦で全国放送の野球解説を務めた。

 和田監督(53)の退任発表(9月30日)後、はじめて監督候補の「生の声」が聞けるとあってその発言に注目が集まったが、なんとも期待ハズレな内容だった。

 六回、巨人に2点目を奪われ、なおも1死一、三塁の場面で阪神がゲッツー態勢をとると、「ここは前進守備だと思います」とようやく自分の意見を述べたかと思ったら、直後には「でも結果的に強い打球がショートに飛んで、ゲッツーということもありますが……」と、すかさず逃げ道を用意。

 阪神の敗戦が決まると「この悔しさを忘れてはいけない。悔しさは絶対引きずった方がバネになる。悔しさを忘れず、来季戦って欲しい」と、どこか他人事。揚げ句の果てが「最後は見せ場をつくりましたが、福留、ゴメス、マートンで点を取れなかったんで、あきらめもつくような感じになりました」と、どうでもいいような話しぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る