監督やる気あるの? 金本氏は虎敗戦にのらりくらり“他人事”

公開日:  更新日:

 阪神の次期監督就任が濃厚な金本知憲氏(47)がCSファーストステージ第3戦で全国放送の野球解説を務めた。

 和田監督(53)の退任発表(9月30日)後、はじめて監督候補の「生の声」が聞けるとあってその発言に注目が集まったが、なんとも期待ハズレな内容だった。

 六回、巨人に2点目を奪われ、なおも1死一、三塁の場面で阪神がゲッツー態勢をとると、「ここは前進守備だと思います」とようやく自分の意見を述べたかと思ったら、直後には「でも結果的に強い打球がショートに飛んで、ゲッツーということもありますが……」と、すかさず逃げ道を用意。

 阪神の敗戦が決まると「この悔しさを忘れてはいけない。悔しさは絶対引きずった方がバネになる。悔しさを忘れず、来季戦って欲しい」と、どこか他人事。揚げ句の果てが「最後は見せ場をつくりましたが、福留、ゴメス、マートンで点を取れなかったんで、あきらめもつくような感じになりました」と、どうでもいいような話しぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る