三好徹
著者のコラム一覧
三好徹作家、ジャーナリスト

本名・河上雄三。1931年東京生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。読売新聞社に入社。66年作家デビュー。67年に「風塵地帯日本推理作家協会賞、68年には「聖少女」で第58回直木賞を受賞する。歴史小説、スパイ小説、推理小説、近代の伝記の政治家、幕末・明治期の伝説小説、ゴルフに関する著作など、幅広いジャンルで活躍中。「チェ・ゲバラ伝」はロングセラー。

スポーツ中継から消えた奥ゆかしさ

公開日: 更新日:

 このところ男女ともプロゴルフ界は冬眠状態に近い、と書けば当事者はそんなことはあるものか、と怒るかもしれない。昨年は松山英樹が、ニクラス主催のトーナメントで勝ったし、女子プロはひところの元気さがないが、それなりの実績を挙げている。賞金ランクの上位3位を外国人に占められたが、これ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  2. 2

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  5. 5

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  6. 6

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  10. 10

    “分断”生む政策が閣議決定…弱者を犠牲にする日本の未来は

もっと見る