日本S進出でも金欠 ヤクルトが今オフ狙う「補強候補」の名前

公開日:  更新日:

「現場も大変ですが、フロントも大変ですよ」

 こう言うのはヤクルトの球団関係者。

 ソフトバンクとの日本シリーズで現場が日本一を目指して戦う中、フロントも来季を見据えた補強に奔走している。

 ヤクルトは今季、14年ぶりにリーグ優勝を果たしたとはいえ、公式戦は巨人、阪神と最後まで大混戦が続き、他球団を圧倒したわけではない。巨人は高橋監督、阪神は金本監督と新監督が就任して、大型補強もあるだろう。両球団と比べて資金力で劣るヤクルトはオフも、手をこまねいている場合ではないようだ。

 ただ、ヤクルトは今オフ、FAでの大型補強には乗り出さない方針という。新助っ人の獲得に加え、国内はトレード、他球団を戦力外になった選手たちでまかなうことになる。

 最大のターゲットは、複数球団が調査を進める四国IL・高知を退団した藤川球児(35)だ。攻撃陣と比べて手薄な投手陣を強化すべく、ヤクルトは2年契約の年俸5000万円以上を用意しているという。球児自身も在京志向があるそうで、ヤクルト有利といわれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る