SR日本チーム「サンウルブス」入りを見送った五郎丸の“本音”

公開日:  更新日:

 ラグビー日本代表フルバック(FB)五郎丸歩(29)が世界最高峰リーグといわれる「スーパーラグビー(SR)」のレッズ(豪州)移籍が明らかになったものの、来季からSRに参入する日本チームの「サンウルブズ」でプレーする選択肢もあったはず。

 それなのにレッズ入りを選んだのは「家族との時間が取れないこと」と「(豪州なら)家族も一緒に行けますし、子どもにもいい経験になる」というのが理由だった。確かにその言葉に偽りはないだろうが、あるラグビー関係者はこんな見方をしている。

「SRの南アフリカ・グループに入ったサンウルブズは、東京、シンガポール、南アフリカ、豪州と遠征が多いチーム。家族のことを考えれば、豪州が拠点のレッズの方がいいのは確かです。でも、今や五郎丸は日本ラグビーの顔であり、代表チームの大黒柱です。SR1年目のサンウルブズのメンバーに入るべき選手です。それを見送ったのはなぜか。日本はこれまでプロチームを持ったことがない。しかも、SRは2月に開幕するというのに、監督もメンバーも未定。選手が重要視するケガの補償も明確になっていない。レッズの五郎丸は2年目以降、チーム内での立場がどうなるかわからないが、新生サンウルブズの戦い方やチーム運営などをじっくり見るつもりなのです。その上で、メンバー入りを考えるはずです。理想を言えば、日本代表とサンウルブズのメンバー8割ぐらいは同じ方がいいわけですから」

 ちなみに、レッズとサンウルブズとの試合は来年5月21日(土)、レッズの本拠地、ブリスベンのサンコープスタジアムで行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る