SR日本チーム「サンウルブス」入りを見送った五郎丸の“本音”

公開日:  更新日:

 ラグビー日本代表フルバック(FB)五郎丸歩(29)が世界最高峰リーグといわれる「スーパーラグビー(SR)」のレッズ(豪州)移籍が明らかになったものの、来季からSRに参入する日本チームの「サンウルブズ」でプレーする選択肢もあったはず。

 それなのにレッズ入りを選んだのは「家族との時間が取れないこと」と「(豪州なら)家族も一緒に行けますし、子どもにもいい経験になる」というのが理由だった。確かにその言葉に偽りはないだろうが、あるラグビー関係者はこんな見方をしている。

「SRの南アフリカ・グループに入ったサンウルブズは、東京、シンガポール、南アフリカ、豪州と遠征が多いチーム。家族のことを考えれば、豪州が拠点のレッズの方がいいのは確かです。でも、今や五郎丸は日本ラグビーの顔であり、代表チームの大黒柱です。SR1年目のサンウルブズのメンバーに入るべき選手です。それを見送ったのはなぜか。日本はこれまでプロチームを持ったことがない。しかも、SRは2月に開幕するというのに、監督もメンバーも未定。選手が重要視するケガの補償も明確になっていない。レッズの五郎丸は2年目以降、チーム内での立場がどうなるかわからないが、新生サンウルブズの戦い方やチーム運営などをじっくり見るつもりなのです。その上で、メンバー入りを考えるはずです。理想を言えば、日本代表とサンウルブズのメンバー8割ぐらいは同じ方がいいわけですから」

 ちなみに、レッズとサンウルブズとの試合は来年5月21日(土)、レッズの本拠地、ブリスベンのサンコープスタジアムで行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る