ロシア陸連は資格停止 WADA“厳罰”適用でリオ五輪もピンチ

公開日:  更新日:

 ロシア陸上界に蔓延する組織的なドーピングが他の国・地域、競技にも飛び火しそうだ。

 この問題を調査してきた世界反ドーピング機関(WADA)の独立委員会は9日(日本時間10日)にスイス・ジュネーブで会見し、国際陸連(IAAF)がロシア陸連に対して資格停止処分を科すべきとの勧告を発表。資格停止になれば、ロシアの陸上選手は来年のリオ五輪に参加できない恐れもある。

 独立委が公表した335ページにわたる報告書には、モスクワの検査機関が検体の一部を故意に破棄して隠蔽していた事実や、選手側から金銭を受け取っていた責任者の存在などが詳細に記されている。独立委ではロンドン五輪女子800メートル金メダルのマリア・サビノワ(30)ら5選手の他、ドーピング逃れに関わったコーチや医師の永久追放を求めている。

 独立委のリチャード・パウンド委員長(元WADA会長)は会見で「今回の件は氷山の一角に過ぎない。おそらくロシアだけの問題でもないし、陸上だけの問題でもない」と断言。これを受けてWADAのクレイグ・リーディー委員長は「現行の(検査)システムで多くの欠陥が発覚した。WADAの責任者として迅速に対応する」とドーピング検査所の監視強化や、検査の厳格化を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る