ロシア陸連は資格停止 WADA“厳罰”適用でリオ五輪もピンチ

公開日: 更新日:

 ロシア陸上界に蔓延する組織的なドーピングが他の国・地域、競技にも飛び火しそうだ。

 この問題を調査してきた世界反ドーピング機関(WADA)の独立委員会は9日(日本時間10日)にスイス・ジュネーブで会見し、国際陸連(IAAF)がロシア陸連に対して資格停止処分を科すべきとの勧告を発表。資格停止になれば、ロシアの陸上選手は来年のリオ五輪に参加できない恐れもある。

 独立委が公表した335ページにわたる報告書には、モスクワの検査機関が検体の一部を故意に破棄して隠蔽していた事実や、選手側から金銭を受け取っていた責任者の存在などが詳細に記されている。独立委ではロンドン五輪女子800メートル金メダルのマリア・サビノワ(30)ら5選手の他、ドーピング逃れに関わったコーチや医師の永久追放を求めている。

 独立委のリチャード・パウンド委員長(元WADA会長)は会見で「今回の件は氷山の一角に過ぎない。おそらくロシアだけの問題でもないし、陸上だけの問題でもない」と断言。これを受けてWADAのクレイグ・リーディー委員長は「現行の(検査)システムで多くの欠陥が発覚した。WADAの責任者として迅速に対応する」とドーピング検査所の監視強化や、検査の厳格化を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る