ロシア陸連は資格停止 WADA“厳罰”適用でリオ五輪もピンチ

公開日: 更新日:

 ロシア陸上界に蔓延する組織的なドーピングが他の国・地域、競技にも飛び火しそうだ。

 この問題を調査してきた世界反ドーピング機関(WADA)の独立委員会は9日(日本時間10日)にスイス・ジュネーブで会見し、国際陸連(IAAF)がロシア陸連に対して資格停止処分を科すべきとの勧告を発表。資格停止になれば、ロシアの陸上選手は来年のリオ五輪に参加できない恐れもある。

 独立委が公表した335ページにわたる報告書には、モスクワの検査機関が検体の一部を故意に破棄して隠蔽していた事実や、選手側から金銭を受け取っていた責任者の存在などが詳細に記されている。独立委ではロンドン五輪女子800メートル金メダルのマリア・サビノワ(30)ら5選手の他、ドーピング逃れに関わったコーチや医師の永久追放を求めている。

 独立委のリチャード・パウンド委員長(元WADA会長)は会見で「今回の件は氷山の一角に過ぎない。おそらくロシアだけの問題でもないし、陸上だけの問題でもない」と断言。これを受けてWADAのクレイグ・リーディー委員長は「現行の(検査)システムで多くの欠陥が発覚した。WADAの責任者として迅速に対応する」とドーピング検査所の監視強化や、検査の厳格化を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号