“金本2世”と評判のオリ1位吉田 父が語る「重量バット伝説」

公開日:  更新日:

 オリックスのドラフト1位・吉田正尚(22)は大学2年で大学日本代表に選ばれ、4年時には「ジャパンの4番」を任された。身長173センチと小柄ながら「金本2世」といわれるスイングスピードの速さで、プロのスカウトをうならせた。1年目から即戦力の期待がかかるスラッガーだ。

 そのヒントは、少年時代の練習にあった。

 正尚は、小学3年生から少年野球を始めた3つ年上の兄・正仁さんの影響で、幼稚園に通う頃から一緒に球拾いをしていた。ボール遊びや体を動かすことが大好きで、小学校入学と同時に本人も野球チームに入った。

 他の子どもたちと違って、家に閉じこもってゲームをすることはほとんどなかった。少年野球の練習が休みの日は、近所の公園で缶蹴りをしたりかくれんぼをしたり、わんぱく少年だった。


 とにかくボールを遠くに飛ばすことだけは、誰にも負けなかった、いや負けたくなかった。無類の負けず嫌いで、少年野球から帰ってからも父親にねだって買ってもらった防球ネットに向かい、来る日も来る日もバットを振り続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る