“金本2世”と評判のオリ1位吉田 父が語る「重量バット伝説」

公開日: 更新日:

 オリックスドラフト1位・吉田正尚(22)は大学2年で大学日本代表に選ばれ、4年時には「ジャパンの4番」を任された。身長173センチと小柄ながら「金本2世」といわれるスイングスピードの速さで、プロのスカウトをうならせた。1年目から即戦力の期待がかかるスラッガーだ。

 そのヒントは、少年時代の練習にあった。

 正尚は、小学3年生から少年野球を始めた3つ年上の兄・正仁さんの影響で、幼稚園に通う頃から一緒に球拾いをしていた。ボール遊びや体を動かすことが大好きで、小学校入学と同時に本人も野球チームに入った。

 他の子どもたちと違って、家に閉じこもってゲームをすることはほとんどなかった。少年野球の練習が休みの日は、近所の公園で缶蹴りをしたりかくれんぼをしたり、わんぱく少年だった。


 とにかくボールを遠くに飛ばすことだけは、誰にも負けなかった、いや負けたくなかった。無類の負けず嫌いで、少年野球から帰ってからも父親にねだって買ってもらった防球ネットに向かい、来る日も来る日もバットを振り続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ