“金本2世”と評判のオリ1位吉田 父が語る「重量バット伝説」

公開日: 更新日:

 オリックスドラフト1位・吉田正尚(22)は大学2年で大学日本代表に選ばれ、4年時には「ジャパンの4番」を任された。身長173センチと小柄ながら「金本2世」といわれるスイングスピードの速さで、プロのスカウトをうならせた。1年目から即戦力の期待がかかるスラッガーだ。

 そのヒントは、少年時代の練習にあった。

 正尚は、小学3年生から少年野球を始めた3つ年上の兄・正仁さんの影響で、幼稚園に通う頃から一緒に球拾いをしていた。ボール遊びや体を動かすことが大好きで、小学校入学と同時に本人も野球チームに入った。

 他の子どもたちと違って、家に閉じこもってゲームをすることはほとんどなかった。少年野球の練習が休みの日は、近所の公園で缶蹴りをしたりかくれんぼをしたり、わんぱく少年だった。


 とにかくボールを遠くに飛ばすことだけは、誰にも負けなかった、いや負けたくなかった。無類の負けず嫌いで、少年野球から帰ってからも父親にねだって買ってもらった防球ネットに向かい、来る日も来る日もバットを振り続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  9. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る