小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

DeNA筒香に横浜高校OB初の名球会入りを期待

公開日: 更新日:

 バックスイングをした際に右肩、左肩が順に下がり、ギッタンバッコンしてしまうことが見受けられる。ムダな動きがあるから差し込まれ、打球に角度をつけられない。以前、このことを本人に指摘したら、こう言っていた。

「そこは気を付けてはいるんです……」

 分かってはいるようだ。修正できれば、スイングがスムーズになり、本塁打も増えてくるだろう。

 前田(広島)がポスティングによる大リーグ移籍の希望を球団に直訴したという。認めてもらえるかは分からないが、行ったとしても苦労するのではないか。変化球は通用しても直球は平均140キロ台半ば。日本では速い部類でもメジャーの先発投手と比べるとスピードが足りない。きれいな投球フォームもメジャーでは迫力不足といわれる可能性がある。ボール、マウンド、登板間隔などの違いにより、日本から海を渡った松坂(ソフトバンク)、ダルビッシュ(レンジャーズ)、田中(ヤンキース)ら、日本のトップ級投手たちがヒジや肩を痛めている。長い間、ピンピンしていたのは黒田(広島)くらい。右ヒジなどに故障歴がある前田はこの点でも苦しいといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る