キャディーに弟起用の石川遼に独走許す男子ツアーの惨状

公開日:  更新日:

【カシオワールドオープン】

 今季、国内6戦目の石川遼(24)が、大会2日目に通算11アンダーで単独首位に立った。

「これくらいで回りたいな、というスコアで回れたという感じ」(石川)

 米ツアーが主戦場の石川は、2015-16年シーズンのシード権(125位以内)を124位でどうにか獲得した。しかし世界ランクは165位と、あまり注目されていない。今大会は高校生の弟をキャディーに起用し、ゴルフ指導を兼ねての余裕のプレー。そんな石川に独走を許してしまうのだから、他のツアー連中がいかに不甲斐ないかがわかる。

 世界ランク14位の松山英樹(23)が帰国して上位にくれば「やっぱり世界で戦っているプロは違うな」と思うが、シード獲得がやっとの石川レベルでも帰ってくれば簡単にトップに立てるのだから、これまでいったい何を見せられてきたんだろうという気にもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る