• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャディーに弟起用の石川遼に独走許す男子ツアーの惨状

【カシオワールドオープン】

 今季、国内6戦目の石川遼(24)が、大会2日目に通算11アンダーで単独首位に立った。

「これくらいで回りたいな、というスコアで回れたという感じ」(石川)

 米ツアーが主戦場の石川は、2015-16年シーズンのシード権(125位以内)を124位でどうにか獲得した。しかし世界ランクは165位と、あまり注目されていない。今大会は高校生の弟をキャディーに起用し、ゴルフ指導を兼ねての余裕のプレー。そんな石川に独走を許してしまうのだから、他のツアー連中がいかに不甲斐ないかがわかる。

 世界ランク14位の松山英樹(23)が帰国して上位にくれば「やっぱり世界で戦っているプロは違うな」と思うが、シード獲得がやっとの石川レベルでも帰ってくれば簡単にトップに立てるのだから、これまでいったい何を見せられてきたんだろうという気にもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る