• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャディーに弟起用の石川遼に独走許す男子ツアーの惨状

【カシオワールドオープン】

 今季、国内6戦目の石川遼(24)が、大会2日目に通算11アンダーで単独首位に立った。

「これくらいで回りたいな、というスコアで回れたという感じ」(石川)

 米ツアーが主戦場の石川は、2015-16年シーズンのシード権(125位以内)を124位でどうにか獲得した。しかし世界ランクは165位と、あまり注目されていない。今大会は高校生の弟をキャディーに起用し、ゴルフ指導を兼ねての余裕のプレー。そんな石川に独走を許してしまうのだから、他のツアー連中がいかに不甲斐ないかがわかる。

 世界ランク14位の松山英樹(23)が帰国して上位にくれば「やっぱり世界で戦っているプロは違うな」と思うが、シード獲得がやっとの石川レベルでも帰ってくれば簡単にトップに立てるのだから、これまでいったい何を見せられてきたんだろうという気にもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事