キャディーに弟起用の石川遼に独走許す男子ツアーの惨状

公開日:  更新日:

【カシオワールドオープン】

 今季、国内6戦目の石川遼(24)が、大会2日目に通算11アンダーで単独首位に立った。

「これくらいで回りたいな、というスコアで回れたという感じ」(石川)

 米ツアーが主戦場の石川は、2015-16年シーズンのシード権(125位以内)を124位でどうにか獲得した。しかし世界ランクは165位と、あまり注目されていない。今大会は高校生の弟をキャディーに起用し、ゴルフ指導を兼ねての余裕のプレー。そんな石川に独走を許してしまうのだから、他のツアー連中がいかに不甲斐ないかがわかる。

 世界ランク14位の松山英樹(23)が帰国して上位にくれば「やっぱり世界で戦っているプロは違うな」と思うが、シード獲得がやっとの石川レベルでも帰ってくれば簡単にトップに立てるのだから、これまでいったい何を見せられてきたんだろうという気にもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る