活躍誓うも…豪州で五郎丸に課せられる「もう一つの役割」

公開日:  更新日:

「メード・イン・ジャパンとして豪州で活躍できるように頑張りたい」

 ラグビー日本代表FBの五郎丸歩(29=写真)が飛躍を口にした。

 19日には都内で行われた男性ファッション誌の受賞式に出席。俳優や音楽家らとともに「今年最も輝いた男たち」として表彰された。

 先のW杯ではチームトップの58得点をマーク。プレースキックの際の「ポーズ」が話題をさらって一躍、時の人になった。

「19年(日本W杯)に向けて多くの人にラグビーを知ってもらえたのはうれしい」と話す五郎丸の次の課題は、豪州でのスポンサー集めだ。

 来年から参戦する「スーパーラグビー」は各チームとも協賛企業探しに躍起になっている。五郎丸が加入する「クイーンズランド・レッズ」に限ったことではないが、来年から新たに日本とアルゼンチンのチームが参戦するため、各チームとも移動などにかかる経費が増えるからだ。

 レッズは五郎丸人気にあやかり、豪州で事業展開を図る日系企業に協賛を打診しているともいわれる。五郎丸を引っ張ったのは「ジャパンウエー」よりも「ジャパンマネー」が狙いか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る