• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

活躍誓うも…豪州で五郎丸に課せられる「もう一つの役割」

「メード・イン・ジャパンとして豪州で活躍できるように頑張りたい」

 ラグビー日本代表FBの五郎丸歩(29=写真)が飛躍を口にした。

 19日には都内で行われた男性ファッション誌の受賞式に出席。俳優や音楽家らとともに「今年最も輝いた男たち」として表彰された。

 先のW杯ではチームトップの58得点をマーク。プレースキックの際の「ポーズ」が話題をさらって一躍、時の人になった。

「19年(日本W杯)に向けて多くの人にラグビーを知ってもらえたのはうれしい」と話す五郎丸の次の課題は、豪州でのスポンサー集めだ。

 来年から参戦する「スーパーラグビー」は各チームとも協賛企業探しに躍起になっている。五郎丸が加入する「クイーンズランド・レッズ」に限ったことではないが、来年から新たに日本とアルゼンチンのチームが参戦するため、各チームとも移動などにかかる経費が増えるからだ。

 レッズは五郎丸人気にあやかり、豪州で事業展開を図る日系企業に協賛を打診しているともいわれる。五郎丸を引っ張ったのは「ジャパンウエー」よりも「ジャパンマネー」が狙いか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事