• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽勝ムードが…逆転負け喫した遼に「プロとして未熟」の声

【カシオワールドオープン】

 大会2日目から首位キープの石川遼(24)は、前半だけで3連続を含む4バーディー、ノーボギーで2位黄重坤(23)に3打差をつけてターン。ところがバック9に入ると、突然、おかしくなった。12番でドライバーを左に曲げてOBを打つとダブルボギー。14番では1メートル足らずを決められず3パットボギーを叩き、ついに首位転落。黄が単独トップへ入れ替わった。

 それでも17番でカラーから6メートルのパットを沈めて追いつくと、よほどうれしかったのか、キャディーを務めた高校生の弟とハイタッチ。白い歯がこぼれた。しかし、その直後の18番パー5でピンそば3メートルに2オンした黄にイーグルを決められ、あっけなく勝負あり。バーディーフィニッシュも、石川は一歩及ばず、の情けない逆転負けである。「石川は日本ツアーを甘く見ている。その一語に尽きます」と評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事