• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽勝ムードが…逆転負け喫した遼に「プロとして未熟」の声

【カシオワールドオープン】

 大会2日目から首位キープの石川遼(24)は、前半だけで3連続を含む4バーディー、ノーボギーで2位黄重坤(23)に3打差をつけてターン。ところがバック9に入ると、突然、おかしくなった。12番でドライバーを左に曲げてOBを打つとダブルボギー。14番では1メートル足らずを決められず3パットボギーを叩き、ついに首位転落。黄が単独トップへ入れ替わった。

 それでも17番でカラーから6メートルのパットを沈めて追いつくと、よほどうれしかったのか、キャディーを務めた高校生の弟とハイタッチ。白い歯がこぼれた。しかし、その直後の18番パー5でピンそば3メートルに2オンした黄にイーグルを決められ、あっけなく勝負あり。バーディーフィニッシュも、石川は一歩及ばず、の情けない逆転負けである。「石川は日本ツアーを甘く見ている。その一語に尽きます」と評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る