日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界最速男が発砲事件 キューバ選手に“問題児”続出の真相

 今度は発砲事件だ。

 前日7日にレッズからドジャースへのトレードが合意に達したと報じられた世界最速170キロ左腕のチャップマン(27)の移籍が、白紙に戻される可能性が出てきた。

 原因は今年10月にチャップマンがガールフレンドのクリスティナ・バルネアさんとの間で起こしたトラブル。彼女と口論になった際、激高したチャップマンがマイアミにある自宅ガレージに向かって、銃弾8発を発砲したというからメチャクチャだ。メジャーリーグ公式ホームページの「MLB.com」をはじめとする複数の現地メディアが報じており、MLBが調査に乗り出しているという。

 キューバ出身の選手では、ドジャースの主砲・プイグ(25)も先月末にバーで乱闘騒ぎを起こしていたことが明らかになったばかり。13年にメジャーデビューを果たしたプイグはこの3年間で3度も危険運転の疑いで逮捕されており、米球界でも問題児のイメージが定着し始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事