• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界最速男が発砲事件 キューバ選手に“問題児”続出の真相

 今度は発砲事件だ。

 前日7日にレッズからドジャースへのトレードが合意に達したと報じられた世界最速170キロ左腕のチャップマン(27)の移籍が、白紙に戻される可能性が出てきた。

 原因は今年10月にチャップマンがガールフレンドのクリスティナ・バルネアさんとの間で起こしたトラブル。彼女と口論になった際、激高したチャップマンがマイアミにある自宅ガレージに向かって、銃弾8発を発砲したというからメチャクチャだ。メジャーリーグ公式ホームページの「MLB.com」をはじめとする複数の現地メディアが報じており、MLBが調査に乗り出しているという。

 キューバ出身の選手では、ドジャースの主砲・プイグ(25)も先月末にバーで乱闘騒ぎを起こしていたことが明らかになったばかり。13年にメジャーデビューを果たしたプイグはこの3年間で3度も危険運転の疑いで逮捕されており、米球界でも問題児のイメージが定着し始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る