リーグ低迷続くミラン 先にクビになるは本田か指揮官か?

公開日: 更新日:

 日本代表MF本田圭佑(29)が所属するイタリア・セリエAのミランがドタバタしている。

 13日の第16節。相手は昇格組で6分け9敗と勝ち星なしのベローナ。最下位(20位)に沈むチームをホームに迎えながら、ミランは試合を通してパッとしなかった。

 1―0で迎えた後半12分。MFデ・ヨングが相手選手をPA内で倒して一発レッド。PKを決められて1―1となり、そのままタイムアップ。格下相手の凡戦に地元サポーターが荒れ狂い、スタジアムは不穏な空気に包まれた。

 第15節はブービー19位のカルピと対戦してスコアレスドロー。2連勝して勝ち点6を積み上げるチャンスなのに「勝ち点2」。同じミラノ市を本拠とするライバル・インテルが首位(11勝3分け2敗・勝ち点36)をキープ。ミランは7位(7勝4分け5敗・勝ち点25)に停滞していることもあって、チーム内から「今夏に就任したミハイロビッチ監督の無為無策ぶりが問題になり、年内中に放逐される可能性が出てきた」という声が聞こえてくるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る