J制覇、CWC4強で風雲急…広島森保氏「東京五輪監督」情報

公開日: 更新日:

 今季Jリーグ王者のサンフレッチェ広島は13日、FIFAクラブW杯(CWC)の準々決勝でアフリカ代表のマゼンベ(コンゴ)と対戦した。

 広島はDF塩谷の先制ゴールを皮切りに計3得点。マゼンベの攻撃を無失点で切り抜け、16日の準決勝で南米代表の名門リバープレート(アルゼンチン)と対戦する。

 このCWCの勝ち上がりもあって、評価上昇中なのが、広島の監督1年目の12年、翌13年、そして今年と4年で3度のJリーグ優勝を達成した森保一監督(47)だ。

「広島がJリーグ王者になった際、日本サッカー協会の大仁会長が『そろそろ(日本代表監督を)日本人に任せてもいい時期。東京五輪については日本人でいくつもり』と話した。まずは20年の東京五輪に五輪監督就任の“お墨付き”を得た格好です」(スポーツ紙サッカー担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る