南米王者に善戦 サンフレッチェに「代表常連」なぜいない

公開日:  更新日:

 2度目のFIFAクラブW杯(CWC)出場で初めて準決勝に進んだサンフレッチェ広島。16日はアルゼンチンの超名門リバープレートと対戦した。準々決勝から中2日の広島選手たちは疲労困憊。対して1週間前に来日して体調バッチリのリバープレート。これに地力の差も加わり、試合は後半27分、リバープレートFWアラリオが頭で押し込み、この1点を守り切って決勝に進んだが、対戦前にアルゼンチンから来日したメディア関係者が、日本人プレスをつかまえて素朴な疑問を口にしていた。

「広島はここ4シーズンで3回もリーグ王者になっている。なのに日本代表がいないのはなぜか? どこの国も代表メンバーは欧州組を中心に構成されるが、それでも5、6人は国内で優勝を争う上位クラブから選ばれるもの。本当に不思議でしょうがない」

 日本代表は11月、W杯アジア2次予選でシンガポール、カンボジア相手にアウェー2連戦をこなしたが、招集メンバー22人の中に国内組は、たとえば浦和のGK西川、DF槙野、MF柏木の3人を含めて13人いたが、広島の所属選手はひとりもいなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る