バルサの3トップMSN クラブW杯で揃い踏みはあるのか?

公開日: 更新日:

 開催中のFIFAクラブW杯(CWC)にいよいよ真打ち登場だ。

 14日午前に来日し、17日の準決勝で広州恒大(中国=アジア代表)と対戦するバルセロナ(スペイン=欧州代表)。“MSN”と呼ばれる3トップ、アルゼンチン代表FWのメッシ(28)、ウルグアイ代表FWのスアレス(28)、そしてブラジル代表のFWネイマール(23)が、多彩な攻撃を仕掛けてゴールを量産することから、サッカーファンなら一度はスタジアムで3人の華麗なプレーを見たいだろうが、MSNの3人が同時にピッチに立つ可能性はかなり低そうだ。

「8日の練習中に左脚付け根を痛めたネイマールが、来日した14日の午後、15日と練習を2日続けて休みました。実は当日券も売れ残っているし、試合を放送する日テレの“要請”もあって、準決勝欠場のアナウンスはしないことになってますが、少なくともネイマールがプレーしないことは確定しているでしょう。決勝に進んだとしても、極めて微妙な状態です」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

もっと見る