マエケンに強力ライバル FA左腕チェンを複数球団が狙う

公開日: 更新日:

 広島からポスティングシステムを使ってメジャー移籍を目指す前田健太(27)に強力なライバルが立ちはだかっている。

 同じアジア人投手で元中日の左腕チェン(30、オリオールズからFA)のことだ。

 メジャー4年間で通算46勝(32敗)をマークしているチェンには、複数の球団が関心を示している。先発左腕が今オフの補強課題のカージナルスを筆頭にドジャース、エンゼルス、パドレスらが代理人のスコット・ボラス氏に接触を図っているといわれる。

 CBSスポーツ(電子版)が10日(日本時間11日)に伝えたところによれば、チェンは「5年8500万ドル(約104億円)」規模の契約を希望しているという。

 スポーツ専門局「ESPN」(電子版)の予想では前田獲得に要する費用は譲渡金2000万ドル(約24億4000万円)を含めて総額で8000万ドル(約97億6000万円)。前田の見積額とチェンの希望額はほぼ同等で、投手としてのランクも似たり寄ったりとみられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る