リハビリ順調の超大物リンスカムが日本球界入り狙う理由

公開日:  更新日:

 メジャーの超大物右腕が来季、日本にやってくるかもしれない。

 08、09年のサイ・ヤング賞投手で、13、14年と2度のノーヒットノーランを達成したティム・リンスカム(31=ジャイアンツからFA)が、日本のプロ野球界でのプレーを視野に入れているからだ。

 リンスカムは現在、今年9月に受けた股関節手術からの復活を目指してアリゾナ州でリハビリとトレーニングを行っている。術後の経過は順調で、すでに投球練習を再開できるまでに回復しているそうだ。

 メジャー通算108勝83敗。今季は股関節以外にも6月に右肘に打球を受けて故障者リスト入りするなど、ケガに泣かされたこともあって、計15試合に登板して7勝4敗、防御率4.13。08年から続いていた2ケタ勝利は7年でストップした。

 全盛期に150キロを超えていたストレートは、昨季途中から140キロ台中盤に。いまもFA市場で買い手がつかないのは、故障や手術明けの影響なのかどうか。現時点で獲得に名乗りを上げるメジャー球団はないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る