リハビリ順調の超大物リンスカムが日本球界入り狙う理由

公開日: 更新日:

 メジャーの超大物右腕が来季、日本にやってくるかもしれない。

 08、09年のサイ・ヤング賞投手で、13、14年と2度のノーヒットノーランを達成したティム・リンスカム(31=ジャイアンツからFA)が、日本のプロ野球界でのプレーを視野に入れているからだ。

 リンスカムは現在、今年9月に受けた股関節手術からの復活を目指してアリゾナ州でリハビリとトレーニングを行っている。術後の経過は順調で、すでに投球練習を再開できるまでに回復しているそうだ。

 メジャー通算108勝83敗。今季は股関節以外にも6月に右肘に打球を受けて故障者リスト入りするなど、ケガに泣かされたこともあって、計15試合に登板して7勝4敗、防御率4.13。08年から続いていた2ケタ勝利は7年でストップした。

 全盛期に150キロを超えていたストレートは、昨季途中から140キロ台中盤に。いまもFA市場で買い手がつかないのは、故障や手術明けの影響なのかどうか。現時点で獲得に名乗りを上げるメジャー球団はないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る