いまや懲戒処分も セクハラ「アウトとセーフの境界線」最新版

公開日: 更新日:

 先日、全国フェミニスト議員連盟が行ったアンケートで、地方議会の女性議員の52%が「他の議員や職員からセクハラを受けた」と回答。また、今年上半期の警察官、警察職員の懲戒処分(7月発表)の最多理由も「セクハラ行為」や「盗撮」といった異性関係だった。特に、懇親会で女性部下の体を触るなどの「セクハラ行為」は昨年の4倍に上る。“公職者”の横暴ぶりは呆れるばかりだが、サラリーマンだって他人事ではない。

 今年2月、水族館などを運営する「海遊館」(大阪市)の男性2人が、部下の女性へのセクハラを理由に出勤停止の懲戒処分と降格処分を受け、不服とした裁判で、最高裁は会社側の処分を「妥当」と判断した。

 男性2人は部下の女性派遣社員らに「夫婦間はもう何年もセックスレスやねん」「俺の性欲は年々増すねん」「結婚もせんでこんなところで何してんの。親泣くで」などの発言を繰り返していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る