いまや懲戒処分も セクハラ「アウトとセーフの境界線」最新版

公開日:  更新日:

 先日、全国フェミニスト議員連盟が行ったアンケートで、地方議会の女性議員の52%が「他の議員や職員からセクハラを受けた」と回答。また、今年上半期の警察官、警察職員の懲戒処分(7月発表)の最多理由も「セクハラ行為」や「盗撮」といった異性関係だった。特に、懇親会で女性部下の体を触るなどの「セクハラ行為」は昨年の4倍に上る。“公職者”の横暴ぶりは呆れるばかりだが、サラリーマンだって他人事ではない。

 今年2月、水族館などを運営する「海遊館」(大阪市)の男性2人が、部下の女性へのセクハラを理由に出勤停止の懲戒処分と降格処分を受け、不服とした裁判で、最高裁は会社側の処分を「妥当」と判断した。

 男性2人は部下の女性派遣社員らに「夫婦間はもう何年もセックスレスやねん」「俺の性欲は年々増すねん」「結婚もせんでこんなところで何してんの。親泣くで」などの発言を繰り返していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る