• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いまや懲戒処分も セクハラ「アウトとセーフの境界線」最新版

 先日、全国フェミニスト議員連盟が行ったアンケートで、地方議会の女性議員の52%が「他の議員や職員からセクハラを受けた」と回答。また、今年上半期の警察官、警察職員の懲戒処分(7月発表)の最多理由も「セクハラ行為」や「盗撮」といった異性関係だった。特に、懇親会で女性部下の体を触るなどの「セクハラ行為」は昨年の4倍に上る。“公職者”の横暴ぶりは呆れるばかりだが、サラリーマンだって他人事ではない。

 今年2月、水族館などを運営する「海遊館」(大阪市)の男性2人が、部下の女性へのセクハラを理由に出勤停止の懲戒処分と降格処分を受け、不服とした裁判で、最高裁は会社側の処分を「妥当」と判断した。

 男性2人は部下の女性派遣社員らに「夫婦間はもう何年もセックスレスやねん」「俺の性欲は年々増すねん」「結婚もせんでこんなところで何してんの。親泣くで」などの発言を繰り返していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る