ジャンプ週間第3戦 葛西は“悪い癖”を露呈して失速7位

公開日: 更新日:

“レジェンド”が波に乗り切れない。

 欧州伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねたノルディックスキーW杯ジャンプ男子個人第10戦(HS130メートル、K点120メートル)が3日(現地時間)、オーストリア・インスブルックで行われ、6人が本戦に進んだ日本勢は葛西紀明(43)が124.5メートル、119.5メートルの合計236.8点の7位が最高だった。優勝はぺテル・プレブツ(23=スロベニア)で今季5勝目、通算11勝目を挙げた。

 自身が持つ史上最年長表彰台記録(43歳6カ月)の更新を狙う葛西は1回目こそ、まずまずの飛躍を披露。W杯歴代最多の53勝をマークするグレゴア・シュリーレンツァウアー(25=オーストリア)を抑えて6位に付けたが、2回目はK点にすら届かず順位を上げられなかった。

 1回目よりも助走の速度を上げようと修正を試みたが、飛び出しの際にバランスを崩したそうで、葛西は「2回目は失敗した。スキー(板)も下がる悪い癖が出た」と振り返った。

 ジャンプ週間は4連戦の総合順位で争うが、残りはオーストリア・ビショフスホーフェンのみとなった。

 開幕前は「ジャンプ週間は調子が上がる。総合優勝したことがないので、早く優勝したい」と公言していたが、偉業達成はまたもお預けとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る