ジャンプ週間第3戦 葛西は“悪い癖”を露呈して失速7位

公開日: 更新日:

“レジェンド”が波に乗り切れない。

 欧州伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねたノルディックスキーW杯ジャンプ男子個人第10戦(HS130メートル、K点120メートル)が3日(現地時間)、オーストリア・インスブルックで行われ、6人が本戦に進んだ日本勢は葛西紀明(43)が124.5メートル、119.5メートルの合計236.8点の7位が最高だった。優勝はぺテル・プレブツ(23=スロベニア)で今季5勝目、通算11勝目を挙げた。

 自身が持つ史上最年長表彰台記録(43歳6カ月)の更新を狙う葛西は1回目こそ、まずまずの飛躍を披露。W杯歴代最多の53勝をマークするグレゴア・シュリーレンツァウアー(25=オーストリア)を抑えて6位に付けたが、2回目はK点にすら届かず順位を上げられなかった。

 1回目よりも助走の速度を上げようと修正を試みたが、飛び出しの際にバランスを崩したそうで、葛西は「2回目は失敗した。スキー(板)も下がる悪い癖が出た」と振り返った。

 ジャンプ週間は4連戦の総合順位で争うが、残りはオーストリア・ビショフスホーフェンのみとなった。

 開幕前は「ジャンプ週間は調子が上がる。総合優勝したことがないので、早く優勝したい」と公言していたが、偉業達成はまたもお預けとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る