「何も考えていない」 渋井陽子が女子マラソン若手選手に“喝”

公開日:  更新日:

 前日本記録保持者(2時間19分41秒=日本歴代2位)の渋井陽子(36)が日本の女子マラソン界に苦言を呈した。

 来年のリオ五輪選考会を兼ねる第1回さいたま国際マラソン(15日)の招待選手が13日、さいたま市内で会見したときのことだ。

 今年が初開催。コース攻略も難しいことから国内の有力選手がそろって出場を見送った。渋井は五輪や世界選手権で不甲斐ない結果に終わる女子マラソン界の現状に黙っていられなかったのかどうか、リオに向けた課題を聞かれると「うちのチーム(三井住友海上)に関してですが」と前置きした上でこう言った。

「今の若い子たちは(練習環境など)何でも揃っているし、トレーニングは(指導者に)言われてやっている。言われなければやれない子が多いんです。うちらの頃は何も指示されなくても自分たちでやっていたし、チームメートと競うように練習していた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る