「何も考えていない」 渋井陽子が女子マラソン若手選手に“喝”

公開日:  更新日:

 前日本記録保持者(2時間19分41秒=日本歴代2位)の渋井陽子(36)が日本の女子マラソン界に苦言を呈した。

 来年のリオ五輪選考会を兼ねる第1回さいたま国際マラソン(15日)の招待選手が13日、さいたま市内で会見したときのことだ。

 今年が初開催。コース攻略も難しいことから国内の有力選手がそろって出場を見送った。渋井は五輪や世界選手権で不甲斐ない結果に終わる女子マラソン界の現状に黙っていられなかったのかどうか、リオに向けた課題を聞かれると「うちのチーム(三井住友海上)に関してですが」と前置きした上でこう言った。

「今の若い子たちは(練習環境など)何でも揃っているし、トレーニングは(指導者に)言われてやっている。言われなければやれない子が多いんです。うちらの頃は何も指示されなくても自分たちでやっていたし、チームメートと競うように練習していた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る