日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サッカー捨て大転身 元J2練習生は駐車場ビジネス風雲児

「厳密に言えば、私は正式なプロ選手にはなれず、失うものも何もなかった。それが逆に良かったのかもしれませんね」

 東京・青山のオフィスビルで謙遜気味にこう語ったのは元サッカー選手の金谷元気さん(31)。数々のベンチャービジネスを成功させ、現在は空き駐車場のシェアリングサービスを展開する会社の代表取締役を務めている。業界では「成功者」のひとりだが、そこまでに至る道のりはあまり知られていない。

■2度の“戦力外”が転機

 大阪・松原高時代からFWとして活躍。高3時の2002年には国体選抜候補にも選ばれ、本田圭佑(ACミラン)の兄・弘幸氏らとJ2サガン鳥栖の練習生に招かれた。Jリーガーになる金谷さんの夢は実現するかと思われたが、現実は厳しく、プロ契約には至らなかった。

 高校卒業後の4年間は関西地域リーグでプレー。07年、再びJリーガーを目指してJ2ザスパ草津の練習生になったものの、こちらもわずか2か月で“戦力外”に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事