サッカー捨て大転身 元J2練習生は駐車場ビジネス風雲児

公開日:  更新日:

「厳密に言えば、私は正式なプロ選手にはなれず、失うものも何もなかった。それが逆に良かったのかもしれませんね」

 東京・青山のオフィスビルで謙遜気味にこう語ったのは元サッカー選手の金谷元気さん(31)。数々のベンチャービジネスを成功させ、現在は空き駐車場のシェアリングサービスを展開する会社の代表取締役を務めている。業界では「成功者」のひとりだが、そこまでに至る道のりはあまり知られていない。

■2度の“戦力外”が転機

 大阪・松原高時代からFWとして活躍。高3時の2002年には国体選抜候補にも選ばれ、本田圭佑(ACミラン)の兄・弘幸氏らとJ2サガン鳥栖の練習生に招かれた。Jリーガーになる金谷さんの夢は実現するかと思われたが、現実は厳しく、プロ契約には至らなかった。

 高校卒業後の4年間は関西地域リーグでプレー。07年、再びJリーガーを目指してJ2ザスパ草津の練習生になったものの、こちらもわずか2か月で“戦力外”に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る