• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全豪8強決めた錦織 次戦の王者ジョコには4連敗中

「責務」は果たした。

 第7シードの錦織圭(26)は、24日に行われた4回戦で第9シードのJW・ツォンガ(30・フランス)に3-0のストレート勝ちで2年連続3度目のベスト8進出を決めた。

 第5シードで臨んだ昨年も準々決勝に駒を進めながら、第4シードのワウリンカにストレート負けをくらった。今年もトップ8シードとして恥ずかしくないところまで勝ち上がってきたものの、26日の対戦相手は世界ランク1位で第1シードのジョコビッチ(28・セルビア)だ。

 ジョコビッチは、未勝利の全仏をのぞく4大大会で10度優勝。全豪は昨年、史上初となる5度目の優勝を飾った相性のいい大会だ。4回戦ではG・シモン(31・フランス)に今大会初めてセットを落とし、試合時間は4時間半を超えた。大苦戦した試合を見ればつけ入る隙はありそうだが、一昨年の全米準決勝で錦織に負けてからのジョコビッチは錦織の研究に力を入れており、もっか4連勝中。

 今年もベスト8の壁はとてつもなく厚い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る