全豪8強決めた錦織 次戦の王者ジョコには4連敗中

公開日: 更新日:

「責務」は果たした。

 第7シードの錦織圭(26)は、24日に行われた4回戦で第9シードのJW・ツォンガ(30・フランス)に3-0のストレート勝ちで2年連続3度目のベスト8進出を決めた。

 第5シードで臨んだ昨年も準々決勝に駒を進めながら、第4シードのワウリンカにストレート負けをくらった。今年もトップ8シードとして恥ずかしくないところまで勝ち上がってきたものの、26日の対戦相手は世界ランク1位で第1シードのジョコビッチ(28・セルビア)だ。

 ジョコビッチは、未勝利の全仏をのぞく4大大会で10度優勝。全豪は昨年、史上初となる5度目の優勝を飾った相性のいい大会だ。4回戦ではG・シモン(31・フランス)に今大会初めてセットを落とし、試合時間は4時間半を超えた。大苦戦した試合を見ればつけ入る隙はありそうだが、一昨年の全米準決勝で錦織に負けてからのジョコビッチは錦織の研究に力を入れており、もっか4連勝中。

 今年もベスト8の壁はとてつもなく厚い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る