獲得賞金13億円の錦織圭 秋葉原で見せた意外な“金銭感覚”

公開日:  更新日:

 錦織圭(25)といえば日本のプロスポーツ選手の中でも一、二を争う収入がある。

 9日(日本時間10日)に決勝が行われたシティ・オープン(米ワシントン)の優勝賞金34万3000ドル(約4300万円)を加え、生涯獲得賞金はこれで1035万5226ドル(約12億9000万円)。米経済誌「フォーブス」が今年6月に発表した15年度版のスポーツ長者番付によれば、錦織は昨年1950万ドル(約24億4000万円)を稼いで92位。内訳は賞金などが450万ドル(約5億6000万円)、CM収入などが1500万ドル(約18億8000万円)だった。テニス選手に限ればフェデラー(スイス・総合5位)、ジョコビッチ(セルビア・同13位)、ナダル(スペイン・同22位)、マリー(イギリス・同64位)に続いて世界で5番目に稼いでいることになる。

 錦織にはマイケル・チャン・コーチを筆頭に専属トレーナーら複数のサポートスタッフが付いている。普段から彼らを大切にしており、日頃の労をねぎらうため定期的に食事会を開くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る