王者に完敗…勝負分けた錦織の凡ミスとジョコの第2サーブ

公開日:  更新日:

 つけ入る隙はあった。錦織圭(26=世界ランク7位)は、全豪オープン男子シングルス準々決勝で王者ジョコビッチ(28=同1位)と対戦。3-6、2-6、4-6のストレートで敗れたが、王者は決して本調子ではなかった。

 第1セットのジョコビッチは第1サーブの成功率が48%(錦織50%)。昨年の平均値(66%)よりかなり悪く、第2セットも途中まで第1サーブがほとんど入らなかった。そんなジョコビッチを楽にさせたのが錦織の凡ミスだった。

 序盤のヤマ場となった第1セット第6ゲーム。2-3で迎えた自身のサービスゲームは、ドライブボレーやセンターへいいサーブを決めて40-0としながら、ドロップショットのミスなどでジリジリ追い上げられ、最後はダブルフォールトでブレークを許す。第2セットはネットへのミスなどでいきなりブレークされると、続く第2ゲームは2度のブレークチャンスをものにできず、第5ゲームでは2度のスマッシュも決められない。フォアのミスを繰り返し、あっさり奪われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る