王者に完敗…勝負分けた錦織の凡ミスとジョコの第2サーブ

公開日: 更新日:

 つけ入る隙はあった。錦織圭(26=世界ランク7位)は、全豪オープン男子シングルス準々決勝で王者ジョコビッチ(28=同1位)と対戦。3-6、2-6、4-6のストレートで敗れたが、王者は決して本調子ではなかった。

 第1セットのジョコビッチは第1サーブの成功率が48%(錦織50%)。昨年の平均値(66%)よりかなり悪く、第2セットも途中まで第1サーブがほとんど入らなかった。そんなジョコビッチを楽にさせたのが錦織の凡ミスだった。

 序盤のヤマ場となった第1セット第6ゲーム。2-3で迎えた自身のサービスゲームは、ドライブボレーやセンターへいいサーブを決めて40-0としながら、ドロップショットのミスなどでジリジリ追い上げられ、最後はダブルフォールトでブレークを許す。第2セットはネットへのミスなどでいきなりブレークされると、続く第2ゲームは2度のブレークチャンスをものにできず、第5ゲームでは2度のスマッシュも決められない。フォアのミスを繰り返し、あっさり奪われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る