桑田真澄氏は絶句…清原容疑者逮捕で「KK」に決定的亀裂

公開日: 更新日:

 PL学園時代、「KKコンビ」として、ともに甲子園を沸かせた元巨人の桑田真澄(47)は、盟友の逮捕にショックを隠し切れない様子だ。

 契約するスポーツ報知に「報道で知って、ただただ驚いている。ウソであってほしいし、夢であってほしいというのが今の正直な気持ち」とコメント。「もし報道通りなら、人として、野球人として、一緒に戦ってきた仲間として、非常に残念でならない」と続けた。

 5季連続で甲子園に出場した2人は「4番」と「エース」として、清原容疑者が通算13本塁打、桑田が通算20勝。今も破られていない戦後最多記録を残し、甲子園のヒーローの名をほしいままにした。

 が、早大進学を表明していた桑田が態度を一変させた85年のドラフトで絶縁状態に。97年に清原容疑者が巨人にFA移籍したのをきっかけに、表向きは和解したことになっているものの、裏では事あるごとに「桑田の善人面を見るだけで腹が立つ」と話すなど、しこりは残ったままだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る