桑田真澄氏は絶句…清原容疑者逮捕で「KK」に決定的亀裂

公開日:  更新日:

 PL学園時代、「KKコンビ」として、ともに甲子園を沸かせた元巨人の桑田真澄(47)は、盟友の逮捕にショックを隠し切れない様子だ。

 契約するスポーツ報知に「報道で知って、ただただ驚いている。ウソであってほしいし、夢であってほしいというのが今の正直な気持ち」とコメント。「もし報道通りなら、人として、野球人として、一緒に戦ってきた仲間として、非常に残念でならない」と続けた。

 5季連続で甲子園に出場した2人は「4番」と「エース」として、清原容疑者が通算13本塁打、桑田が通算20勝。今も破られていない戦後最多記録を残し、甲子園のヒーローの名をほしいままにした。

 が、早大進学を表明していた桑田が態度を一変させた85年のドラフトで絶縁状態に。97年に清原容疑者が巨人にFA移籍したのをきっかけに、表向きは和解したことになっているものの、裏では事あるごとに「桑田の善人面を見るだけで腹が立つ」と話すなど、しこりは残ったままだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る