• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シート打撃で好投も…ベイ今永「勘違いするとダメになる」

 主力をキリキリ舞いさせても、慢心はない。

 15日に行ったシート打撃に今永昇太(22)が登板。ロペス、梶谷、黒羽根、松本、柴田、飛雄馬の6人と対戦し、1安打3三振。梶谷を内角チェンジアップで空振り三振に抑えたときは、ナインの間からも驚嘆の声が上がったほどだ。

 今永は「(捕手の)嶺井さんのサイン通りに投げただけです」と淡々とこう言った。

「良いか悪いかで言えば良い結果ですが、これで満足はできない。今日は出来過ぎですよ。欲を言うならば2球、悔しいボールがあった。梶谷さんを1ボール、2ストライクに追い込んだ直後、逆方向にファウルを打たれた球。(もうひとつは)ロペスにファウルにされたチェンジアップです。結果的には打ち損じですが、甘いボール。もし、これがシーズン中だったら? という、もったいないボールです。特に梶谷さんへの1球は『せっかく追い込んだのに』と、ベンチに与えるダメージも大きい。周りはナイスピッチングと褒めてくれますが、実際はそうじゃないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る