• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉村・石川組が決勝進出も 世界卓球で中国に“混合D軽視”説

 王国はしたたかだ。

 直前に女子シングルス3回戦で中国の木子(26)にストレート負けした石川佳純(22)は、そのショックをひきずることなく、吉村真晴(21)と組んだ混合ダブルス準決勝に臨み、北朝鮮ペアを4-2で撃破。38年ぶりの決勝進出を決めて銀メダル以上を確定させたが、実はこの種目に関してはある“疑惑”がもたれている。

 混合ダブルスは11年大会まで中国が11連覇していた。しかし、前回は決勝へも進めず北朝鮮が優勝。それは中国の思惑だというのだ。

 五輪の卓球は88年ソウル大会から採用され、08年北京大会では男女とも中国が金を独占。それが国際卓球連盟で批判の的になっただけでなく、中国で代表になれない選手が早々と他国に移り、ロンドン五輪では20カ国で代表になっていたことも問題視された。関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る