日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全日本3連覇の石川佳純も認めた“天才中3”平野美宇の実力

 卓球の全日本選手権女子シングルスは、石川佳純(22=世界ランク7位)が、15歳の平野美宇(同18位)を4-1で下し、女子では史上4人目となる3連覇で4度目の優勝を果たしたが、改めて存在感を見せたのは敗れた平野の方だ。

 準決勝では15歳対決となった伊藤美誠(同12位=リオ五輪女子団体戦代表内定)を4-0のストレート勝ちで下し、初の決勝では女王石川から1セットをもぎ取った。

 平野は9歳で全日本選手権一般の部に史上最年少で出場するなど「天才少女」と呼ばれ、13年4月に五輪などで活躍できるトップアスリートを育成する「エリートアカデミー」に入校した。

 JOC(日本オリンピック委員会)が運営するこのアカデミーに入った有望選手たち(卓球、レスリング、フェンシング、飛び込み、ライフル射撃)は、都内のナショナルトレーニングセンターを練習と生活の拠点とし、トップレベルの指導者による長期的・集中的な指導の他、英会話や栄養指導なども受けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事