• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小久保侍J監督と明暗…松中信彦引退の裏をホークスOB語る

「ホークスを退団し、わずかな可能性にかけましたが、現実は厳しくオファーはなかった」

 1日、前ソフトバンクの松中信彦(42)が現役引退を発表した。

 96年ドラフト2位でダイエーに入団。04年に三冠王を獲得するなど、チームの主力として活躍してきたが、近年は衰えもあって出場が激減。昨オフは、引退を撤回して球団に自由契約を申し入れるドタバタもあり、ホークスとは事実上の絶縁状態に。移籍先を模索したものの、入団テストすら断られていた。

 最後は追われるようにユニホームを脱ぐことになった松中。そこで思い浮かぶのは、ともにホークスを牽引し続けた小久保裕紀(44)の存在だ。

■誤解されやすい“雑草”

 小久保は2000安打を達成するなど「ミスターホークス」とも呼ばれた。12年に引退試合も行われ、華々しくユニホームを脱いだ。引退直後にNHKの解説者に抜擢され、13年には侍ジャパンの監督に就任。松中とは明暗クッキリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る