フルスイング伝授? 竜二軍・小笠原道大監督語る「指導論」

公開日: 更新日:

 昨年限りで現役引退し、中日の二軍監督に就任した。どんな指導者になりたいのか、指導者として心がけていることは何か。「生みの親」である落合GMからの言葉とは――。2月上旬、キャンプ地で話を聞いた。

――二軍監督として新たなスタートを切りました。

「指導者経験が全くないので、選手時代に接した指導者を参考にしたとしても立場が違うので感じ方が違う。全てがゼロの感覚でスタートしているのが現状です。自分の中でどれが正しいかは分かりませんから、ある意味、各担当コーチに任せているというか。コーチが持っている力、知識を選手に伝え、指導してほしいと。あんまり監督が出ていくというのもあれですし、とりあえず(指導に)一貫性を持たせたい。いろんな方向から言ってしまうと、同じことを言っているのに表現がちょっと違うだけで(選手が)違う形で受け取ってしまう場合もある。窓口は一つにして、指導に関しては担当コーチの口から担当コーチの言葉としてという感じでやっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る