フルスイング伝授? 竜二軍・小笠原道大監督語る「指導論」

公開日: 更新日:

 昨年限りで現役引退し、中日の二軍監督に就任した。どんな指導者になりたいのか、指導者として心がけていることは何か。「生みの親」である落合GMからの言葉とは――。2月上旬、キャンプ地で話を聞いた。

――二軍監督として新たなスタートを切りました。

「指導者経験が全くないので、選手時代に接した指導者を参考にしたとしても立場が違うので感じ方が違う。全てがゼロの感覚でスタートしているのが現状です。自分の中でどれが正しいかは分かりませんから、ある意味、各担当コーチに任せているというか。コーチが持っている力、知識を選手に伝え、指導してほしいと。あんまり監督が出ていくというのもあれですし、とりあえず(指導に)一貫性を持たせたい。いろんな方向から言ってしまうと、同じことを言っているのに表現がちょっと違うだけで(選手が)違う形で受け取ってしまう場合もある。窓口は一つにして、指導に関しては担当コーチの口から担当コーチの言葉としてという感じでやっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る