今度こそ本物か? 大関・稀勢の里が出稽古で絶好調

公開日: 更新日:

 稀勢の里(29)と琴奨菊(32)はライバル関係にある。ともに大関で年齢は似たり寄ったり。初土俵は琴奨菊が2カ月だけ早い。

 プライベートでも仲が良い2人のパワーバランスは、しかし、琴奨菊が初優勝した先場所で崩れた。琴奨菊は13日からの春場所で優勝なら間違いなく綱とりだ。

 八角理事長(元横綱北勝海)をはじめとする協会幹部は先場所後、「これで稀勢の里がどう思うのか」と口をそろえた。ライバルに先を越されたことが刺激になって、ひと皮むければよいと期待しているのだ。

 稀勢の里は7日の出稽古で、琴奨菊に8勝2敗。関脇嘉風に対しては最初の一番こそ取りこぼしたものの、その後、8連勝した。春場所に向けて順調な仕上がりに見えるが、今度こそ信用していいのか。

 横綱白鵬相手に圧倒的な相撲を見せたかと思えば、必ずと言っていいくらい下位の力士相手に取りこぼしてきたのがこれまでの稀勢の里。過去に2度あった横綱昇進のチャンスも、土壇場でフイにした。プレッシャーに弱いというか、精神面が脆弱なのだ。「人の性格やアタマの中はそう簡単に変わらないさ」とはある親方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  6. 6

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  7. 7

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る