SR「サンウルブズ」HCに就任したハメット氏の“苦い過去”

公開日: 更新日:

 来年のスーパーラグビーに参戦する日本チーム「サンウルブズ」のヘッドコーチ(HC)に就任したマーク・ハメット氏(43)を不安視する関係者は少なくない。

 実はチームを放り出した過去があるからだ。現役時代はフッカーとしてNZ代表に名を連ねたハメット氏。引退後は国内のチームでHCを務め、14年5月にはウェールズのクラブチーム「カーディフ・ブルーズ」と3年契約を交わしたが、翌年2月に辞任を申し出て、母国に帰国した。地元メディアによれば、夫人がウェールズでの生活になじめなかったためだ。実働わずか6カ月での辞任にチームには地元ファンから「無責任だ」との抗議が殺到したという。

 ハメット新HCの契約期間は6カ月。再来年以降も契約延長する可能性はあるが、途中で逃げ出しても不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る