オープン戦Vの金本阪神に「就任初年はBクラス」のジンクス

公開日: 更新日:

「自分の中では80点くらい」

 21日のオリックス戦を引き分け、11年以来5年ぶりのオープン戦Vを決めた阪神の金本監督、まんざらでもない様子だった。

 13年の巨人をはじめ、過去3年続けてオープン戦Vチームがリーグ優勝(14、15年はソフトバンク)を決めている。ドラ1の高山(明大)、高卒3年目の横田というフレッシュな面々が頭角を現すなど、シーズンに向けてファンの期待は高まる一方だ。

 しかし、阪神にはこんなジンクスもある。00年以降、オープン戦首位は2度あるが、その02年、11年はともにシーズン4位。近年の監督就任1年目は、02年星野、04年岡田、09年真弓監督が揃って4位、12年の和田監督に至っては5位と全てBクラスに終わっている。

 オープン戦のチーム本塁打は21日の梅野による1本だけに終わった阪神。投手陣のおかげで接戦をモノにしてきたが、12球団最多の5引き分けを見ても、決定力不足に陥る可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る