オープン戦Vの金本阪神に「就任初年はBクラス」のジンクス

公開日:  更新日:

「自分の中では80点くらい」

 21日のオリックス戦を引き分け、11年以来5年ぶりのオープン戦Vを決めた阪神の金本監督、まんざらでもない様子だった。

 13年の巨人をはじめ、過去3年続けてオープン戦Vチームがリーグ優勝(14、15年はソフトバンク)を決めている。ドラ1の高山(明大)、高卒3年目の横田というフレッシュな面々が頭角を現すなど、シーズンに向けてファンの期待は高まる一方だ。

 しかし、阪神にはこんなジンクスもある。00年以降、オープン戦首位は2度あるが、その02年、11年はともにシーズン4位。近年の監督就任1年目は、02年星野、04年岡田、09年真弓監督が揃って4位、12年の和田監督に至っては5位と全てBクラスに終わっている。

 オープン戦のチーム本塁打は21日の梅野による1本だけに終わった阪神。投手陣のおかげで接戦をモノにしてきたが、12球団最多の5引き分けを見ても、決定力不足に陥る可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る