オープン戦Vの金本阪神に「就任初年はBクラス」のジンクス

公開日: 更新日:

「自分の中では80点くらい」

 21日のオリックス戦を引き分け、11年以来5年ぶりのオープン戦Vを決めた阪神の金本監督、まんざらでもない様子だった。

 13年の巨人をはじめ、過去3年続けてオープン戦Vチームがリーグ優勝(14、15年はソフトバンク)を決めている。ドラ1の高山(明大)、高卒3年目の横田というフレッシュな面々が頭角を現すなど、シーズンに向けてファンの期待は高まる一方だ。

 しかし、阪神にはこんなジンクスもある。00年以降、オープン戦首位は2度あるが、その02年、11年はともにシーズン4位。近年の監督就任1年目は、02年星野、04年岡田、09年真弓監督が揃って4位、12年の和田監督に至っては5位と全てBクラスに終わっている。

 オープン戦のチーム本塁打は21日の梅野による1本だけに終わった阪神。投手陣のおかげで接戦をモノにしてきたが、12球団最多の5引き分けを見ても、決定力不足に陥る可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る